メニューにスキップ 本文にスキップ

お役立ち情報

ブログ

View
有名ビジネスチャットツールを比較検討!月額利用料のコスパに優れているのはどれ?
作成日時 21/08/22

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

リモートワークの普及が急速に進む中、ビジネスチャットツールが注目されています。
最近では事業インフラの一つとして必要不可欠のツールになっているケースが少なくありません。
以前からLINEなど私用を目的とするチャットツールが広く知られていますが、ビジネスチャットツールは
仕事に必要な条件が備わっている点が特徴です。




ビジネスチャットツールのメリット

従来、メールが仕事のコミュニケーションツールとして重要な位置を占めていました。ビジネスチャットツールを導入する企業が増えている背景には、次に挙げるようなメリットがあるとされています。

①コミュニケーションをとりやすい

メールは、非対面のコミュニケーションを迅速に行える点にメリットがありましたが、タイムラグが生じやすいことが難点とされてきました。
特に複数人で意見交換をするさいは対面ならすぐ終わるやりとりが1日がかりになってしまうことが少なくありません。


一方、ビジネスチャットツールを使えば対面の会話に近い時間感覚でオンラインコミュニケーションを取ることが可能です。速さの理由として、特定の相手にメッセージを届ける「メンション」や、関係者をグルーピングできる「チャンネル」などビジネスチャットツールならではの機能が挙げられます


また、感覚的な話になりますが、ビジネスチャットツールは会話に近い形でコミュニケーションを取れるように、各社が機能や画面レイアウトに工夫を凝らしています。例えば、絵文字機能やスタンプ機能を使えば、その人らしい感情を伝えることができます。


②タスクの分担やスケジュールの調整がスムーズになる

ビジネスチャットツールが効果を発揮する代表的シーンが、タスクの分担やスケジュールの調整です。対面同様の感覚でスムーズにコミュニケーションできるため、チームによる業務の生産性が高まるというわけです。


さらに、タスクやスケジュールの管理アプリが組み込まれていることが多く、チームリーダーの負荷の軽減に役立ちます。手書きやホワイトボードによるアナログな管理が課題だった組織では、ビジネスチャットツールがデジタル化のきっかけとなるケースもあるようです。


③セキュリティが整っている

最近ではちょっとしたコミュニケーションにLINEを活用する職場も多くなりました。しかし、そもそもLINEは私用を前提として作られたアプリです。機密保持が必要な情報をやりとりするツールとしては不安が残ります。


やはり仕事のコミュニケーションは、暗号化された通信・ダウンロードの制限・閲覧者の遮断など当然のセキュリティが整ったツールで行いたいところです。こうしたニーズに応えているのがビジネスチャットツールの特徴です。ログイン状況やログによる監視を使って不審な動きを察知できるほか、社内の雰囲気を把握するHRツールに活用できるという側面もあります。


ビジネスチャットツールの相場

ビジネスチャットツールの料金体系は「ユーザー数課金」「定員課金」の2つに大きく分けることができます。ユーザー数課金では、ユーザーが1人増えるごとに追加料金が必要です。少人数のチームでは費用対効果に優れていますが、大人数のチームでは割高になりがちです。一方、定員課金では、50人や100人などまとまった人数単位で料金が設定されており、1人あたり費用を安く抑えられる点が特徴です


一般的にビジネスチャットツールの相場は、ユーザー数課金が1人あたり月額500円前後で、定額課金が月額5000円〜10000円です。


こうした相場はクラウドによる提供の場合です。インストールによる提供が前提のサービスでは、年額50万円〜100万円と相場が跳ね上がります。費用が高額になる代わりに、セキュリティに優れたものが多く、機密保持が重要な企業で導入されています


ビジネスチャットツールの比較

①Slack(開発元:スラックテクノロジーズ)

【料金設定】
スタンダードプラン:1ユーザー月額850円
プラスプラン:1ユーザー月額1600円
無料プラン:あり


無料プランに利用期限はありませんが、メッセージ履歴の上限が1万件に定められているなどの制限があります。
有料プランでは、メッセージ履歴が無制限になるほか、ストレージ容量が増えるため資料のやりとりが便利になります。
また、参加者をグループするチャンネル機能で、アクセス範囲を制限したゲストアカウントの招待ができるようになります。
社内に留まらず社外とのコミュニケーションを促進する使い方も幅が広がるというわけです。プラスプランは主に大企業向けとされており、セキュリティや監査に関する機能が充実しています。




②チャットワーク(開発元:キャスター)

【料金設定】
ビジネスプラン:1ユーザー月額500円
エンタープライズプラン:1ユーザー月額800円
無料プラン:あり


国内企業が作ったビジネスチャットツールです。機能や操作がシンプルなため、万人が親しみやすい使用感に特徴があります。
無料プランに利用期限はありませんが、作成できるグループは7つまでです。有料プランを利用するとグループを無制限で作れるようになります。有料プランのうちエンタープライズプランを利用すると、IPやデバイスでユーザーを絞り込んで利用範囲を制限するなど
管理機能が充実します。



③LINEワークス(開発元:LINE)

【料金設定】
ライトプラン:1ユーザー月額300円
ベーシックプラン:1ユーザー月額500円
プレミアムプラン: 1ユーザー月額1000円
無料プラン:あり


スマホアプリでおなじみのLINEのビジネスチャットツール版です。プライベートで使用に慣れている人が多いため導入をスムーズに進められます。アンケートやカレンダーなど、プライベート版と同様の機能があり、チャットツールにとどまらず業務管理ツールとしても
役立ちます。無料プランに利用期限はありませんが、ユーザー数は100人までと制限されています。有料プランにグレードアップすると
ユーザー数の制限が外れます、グレードが上がるにつれてセキュリティやストレージが段階的に増えて、ベーシックプラン以上は
メールサーバーを使ったメール機能が追加されます。





④ChatLuck(開発元:ネオジャパン)

【料金設定】
クラウド版:1ユーザー300円

パッケージ版(ルーム単位課金):
初期費用10ルームまで15万円 ※1ルームの定員は1000ユーザー+年額3万円〜(初年度無料)

パッケージ版(人数単位課金):
初期費用199ユーザーまで36万円(100ユーザーごとに金額が異なります。数万ユーザの利用可能) + 年額7万2000円〜(初年度無料)
無料トライアル:30日間


90年代頭に設立された国内企業が開発したビジネスチャットツールです。インストール不要のクラウド版と、インストールが必要な
パッケージ版の両方があります。アクセスログの取得やセキュリティポリシーの設定など、監査が厳しい会社にとって必要な管理機能が
充実しています。VPNを経由して利用することができ、セキュリティを社内ネットワーク上で一限管理することが可能です。




⑤InCircle(開発元:AI Cross)

料金設定:
ベーシックプラン:1ユーザー月額180円
インストール版:個別見積もり
無料トライアル:30日間


AIに強みのある国内IT企業が開発したビジネスチャットツールです。1ユーザーあたりの単価は180円と安価ですが、
30人が契約に必要な最少人数です。
ユーザーの問い合わせに自動応対するチャットボット機能が充実しており、自社にあわせてカスタマイズできます。
各販売代理店のチャットボットにそれぞれ特徴があります。例えば法務に強い販売代理店は、デジタルを活用した社内不正調査
(フォレンジック)を、AIと対話するだけで簡単に実行できるチャットボットを提供しています。
チャットボットはデータベースに活用することができ、名刺管理アプリのSansanやクラウドストレージのOneDriveと連携すれば、
必要なデータを対話形式で取り出すことが可能です。




⑥Talknote(開発元:Talknote)

【料金設定】
個別見積もり(導入費用、月額利用料、オプション費用がそれぞれ必要です)
無料トライアル:14日間


コミュニケーションの活性化に役立つ機能が充実したビジネスチャットツールです。飲食・医療・介護など、
いわゆる接客系の事業を展開する企業で数多く導入されています。LINEのようなスタンプ機能があるほか、離職可能性の判定・
オーバーワークの通知・社内の人間関係図など、アクセス解析によるHR管理機能が搭載されています。




⑦direct(開発元:エルイズビー)

ベーシックプラン:定員10人・月額6000円(1人あたり600円)
プラスプラン:定員20人・月額1万2000円(1人あたり600円)
プレミアムプラン定員50人・月額2万7500円(1人あたり550円)
マックスプラン:定員100人・月額5万円(1人あたり500円)
無料プラン:あり


国内では建設業の導入実績が豊富なビジネスチャットツールで、数多くの大手ゼネコンが利用しています。図面・写真・動画の共有機能に
秀でており、現場と設計の情報共有に活用されています。無料プランは10名の人数制限があるほか、データの保存期間が180日までです。
有料プランにグレードアップすると、データ保存期間が無制限になり、金額に応じて定員が増加します。




⑧オフィスメッセンジャー(開発元:JIRAN JAPAN)

定員50人:月額5000円(1人あたり100円)
定員100人:月額1万5000円(1人あたり150円)
定員200人: 月額3万5000円(1人あたり175円)
※1ユーザー単位の追加は月額200円プラス。月額5000円のプラスでビデオ会議機能が追加されます。
無料体験:3ヶ月


弊社が提供するビジネスチャットツールです。1人あたり100円〜で利用でき、圧倒的なコストパフォーマンスが強みです。
安価ながらも企業が必要とするセキュリティ機能が充実しています。二段階認証の設定や通信の暗号化はもちろんのこと、
ログ監視や強制ログアウトができるため不審な動きを察知できます。ユーザーやデバイスによる閲覧やダウンロードの制限といった
セキュリティポリシーの設定は簡単な操作で変更でき、スムーズに運用を開始することが可能です。




コミュニケーション活性化に役立つ
オフィスメッセンジャーの機能とは?

オフィスメッセンジャーは、圧倒的なコストパフォーマンスと充実のセキュリティ機能のほか、コミュニケーションを活性化する機能が充実しています。リモートワーク中心の社内体制では非対面コミュニケーションが増えがちですが、オフィスメッセンジャーを使えばコミュニケーションに人間味をプラスできるため円滑な業務管理に便利です。




【チャット形式とメール形式の切り替え】

長年にわたってメールに慣れ親しんできた方の中には、短文が中心のチャット形式のコミュニケーションに違和感を覚える人が少なくないようです。特に、報告や挨拶といったフォーマルなコミュニケーションではメール形式が好まれています。


オフィスメッセンジャーは、チャット形式とメール形式といったコミュニケーションスタイルを切り替えることができます。新しいツールの導入時はちょっとした違和感がハードルになりがちなため、メールを多用してきたお客様にご活用いただいています



【ツリー形式の組織図によるメンバーの可視化】

「●●部●●課●●チーム●●担当」など、複数の階層がある組織では階級・職域に応じてコミュニケーションのTPOを合わせている方が少なくありません。メールでは送信先の肩書きの確認に一手間がかかることもあったのではないでしょうか。


一方、オフィスメッセンジャーはツリー形式の組織図で、組織構造を可視化できます。そのため、直感的な操作で送信相手を探すことができ、円滑なコミュニケーションが可能です。人数が多くても送信先に迷わず、誤送信による失礼や混乱を予防します。



【便利な絞り込み検索機能】

大人数の組織でビジネスチャットツールのコミュニケーションが活発になると、重要なメッセージの埋没という問題が生じがちです。その都度、メッセージを探す一手間は生産性向上を妨げます。


そのため、オフィスメッセンジャーには便利な絞り込み検索機能が搭載されています。選択するだけのシンプルな操作で絞り込み検索ができるため、手順を覚える手間がかかりません。既読・未読、重要フラグの有無、送信者、添付ファイル、期間といった様々な検索条件を利用できます。メッセージ内容の全文検索も可能です。

初めてのビジネスチャットツールは
オフィスメッセンジャーを

コミュニケーション手段をメールからビジネスチャットツールに切り替える会社はリモートワークの浸透にともなって増加中です。ただ、コミュニケーション手段という基本的な物事の変更に手間取るケースもあるようです。


オフィスメッセンジャーは安価なうえにメール形式のコミュニケーションも選択できるため、初めてビジネスチャットツールを導入するお客様もスムーズに運用を開始しておられます。ビジネスチャットツールを比較検討中の方は3ヶ月間の無料トライアルでオフィスメッセンジャーの使い心地を一度お試しください。


まずは、無料で試してみませんか?